この連載の前提はビジネス利用、自社の商品やサービスをSNSでアナウンスする方法の検証です。
手間でなければひとつずつ投稿すればいいコトなんですが・・・書き忘れやニュアンスの違いが出ても困ります。同じものを表示したいですよね。チラシのような画像を準備する、と言う方法もありますが・・・やはりネットです、検索にかかる可能性を残すためにも文字で公開したいものです。

アナウンス媒体としての比較

  • 登録制囲い込み型 LINE(その他SMSやメッセンジャー系)
  • 不特定多数閲覧型 Facebook Twitter InstagramなどSNS全般

※SNSも公開設定を登録ユーザー限定にすれば囲い込み型になります。

顧客や登録されたユーザーにだけ情報を配信したい場合には『LINE』が一番簡単でしょう、メールアドレスなどの情報も得られます(次項で詳細)。
新たな顧客獲得や不特定多数に情報を配信したい場合に『SNS』又は公開されたホームページ・ブログになります。

LINEで会員(登録ユーザー)に割引券やイベント情報を配信している飲食店を見かけるコトが多くなっていると思います。但し上記のように不特定多数にLINEは配信出来ません。LINEで配信するコトで2通りの情報配信が必要になります。

SNSでは『いいね!』や『フォロー』してくれているユーザーを会員、それ以外を不特定多数の一般ユーザーとしてひとつの配信で両方に対応することが出来ます。
こちらの問題点は数多くある『SNS』を自社サービスを提供したそのユーザーが利用しているか?と言う問題が発生します。

  • 私はFacebookとTwitterをやってます。
  • 私はInstagramしかやっていない。

サービス供給側がGoogle+にしか情報配信していなければ、この二人のユーザーは利用出来ないことになります。
現在の『SNS』はモバイルで専用アプリによる利用が増えています。インターネット閲覧での利用は減っています。はやりユーザーの多いSNSには全て情報を配信したいところですね。

ホームページ、Amebaなどの従来型ブログと『SNS』の違いはネット全体か特定のSNSコミュニティーかです。
ブログも公開設定可能なモノがありますが、基本的にはホームページと同じように検索での閲覧になります。
Amebaブログのように同ブログサービス内でコミュニティー性の高いものもあり、最近では専用アプリでの利用も増えてSNS化の様相です。機能の一つアメンバーは限定配信でSNS機能のようです。

ただAmebaのようなブログの進化は日本独自のSNS『mixi』の衰退を見ているようにも思います。
様々報道されていますが世界標準、グローバルスタンダードのSNSコミュニティーに集約されて行くのは仕方ない流れかも知れませんね。
特にページ機能でビジネス利用が増えているFacebook、LINEや他のSNSもビジネス利用が増えている現状、個人日記要素の高い『mixi』は厳しいかも・・・ですね。

と言う部分もふまえた今回のSNS検証連載です。ブログだけの機能では不十分です、また『SNS』だけでも。やはり配信元となるホームページの構築、そこからの配信形態が重要になってくると思います。次回からは配信元をどうするか?それと『SNS』との連動に入って行きたいと思います。

SNS・メッセンジャー(LINE)・SMS(ショートメッセージ)

今回は最後に上記3つの説明で締めておきます。

  • 【SNS】 Facebook・Twitter・Instagram Google+など
  • 【メッセンジャー】 Skype・カカオトーク・Facebookメッセンジャーなど
  • 【SMS】 携帯電話にインストールされている『メッセージ』など。

※メッセンジャーは正式にはIM(インスタント・メッセンジャー)です。

第2回でお話したように『LINE』はSNSではありません、メッセンジャーです。3つの違いを簡単に説明しておきます。
SNSとメッセンジャーは通信回線を利用しています。インターネットと同じです。SMSは通話回線を利用しています。
メッセンジャーとSMSは相手のメールアドレス又は電話番号がわからないと繋がれません、インターネットを介して繋がることが出来ません。専用アプリ間で繋がる場合でも相手の情報を知っている必要があります。
SNSは専用アプリを利用することがほとんどですが、インターネットを利用して繋がるコトも可能です。(SNSによってはモバイルとPCで機能差がある場合も)

今回はここまで。まったく利用経験の無い方にSNS・メッセンジャー・SMSを説明しました。しかし使ってないと言葉では解らないですよね(^^;
次回は上で書いたように『SNS』と情報配信元となるホームページとどう連動するか!?自動連動・『シェア』でカバー出来る範囲は?などの話を進めて行きます。

つづく・・・

 

2016_sp_img